アレルギー性紫斑病 Iちゃん

 

6歳、女のお子さんです。最初は、どうでしたか?

ある日、突然、赤い点々が、足に。

蚊に刺されたにしては、大きく腫れ上がった足首で、変な虫に刺されたかな?と思っていました。

次の日、腫れている箇所がふえてる。

点々の感じも今まで見たことがない。

すぐに近所の小児科へ行きました。

そこで、わかったんですか?

「虫さされでしょうか?」って聞くと、

先生は一目見るなり、

「アレルギー性の紫斑病ですね。」

「ひどくなると、腎炎をおこして、入院しないといけなくなるから、気をつけてね。激しい運動はしないように。疲れやすいから、休ませてあげてください。定期的に尿の検査をしましょう。薬出しておきますね。」

と、言われ、運動も休み、疲れたらすぐ寝かせ、毎日紫斑と腫れのチェック。関節の痛み、お腹の痛みのチェック。尿の色もチェック。

「最初が肝心だよ!まだ、軽いから今のうちに良くしとかないと、大変なことになりますよ。」

疲れました。子供には自覚症状があまりないので、

「なんで、走ったらダメなの?」

と、不安げでした。

それで、恵み整骨院の先生に相談してみたところ、紫斑病には、頸椎と、胸椎と、免疫力を上げる手技が効くだろうといわれました。

 

1回目の施術は、どうでしたか?

治療中に、先生から

「やっぱり、張りがきついなぁ。」

と言われ、子供も少し痛そうでした。うつぶせになって、今度は背中という時、先生は、背中にさわることなく、

「ここやっ!」

と、ぱっとその場所を見つけ、子供も

「うわぁー、痛いっ。」

と、びっくりしていました。その日の夜は、疲れたのか、ぐっすり寝ていました。

 

その後、どうでしたか?

最初の1週間は日にちをつめてきました。足の腫れは、1、2回目でなくなりました。

次の週には、紫斑も薄くなってきました。尿の結果も異常なし。

足の状態が良いと、治療中も痛みがないみたいです。

子供も私も少し、安心し、運動も始めました。(体操教室にも復活!長く走るのだけ止めてました。)

3週目にはスイミングにも復活できました。

4週目には、小児科の先生が

「薬はもういいです。定期的な尿の検査だけで良いです。」と。

 

恵み整骨院にも、定期的に来ます。ありがとうございました!

 

 

1417652049994

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>