女性のストレスは当たり前のこと

新大阪  二代目チエ 恵み整骨院

女性院長による女性とお子さんのための整骨院

 

こんにちはー!

院長チエ先生です

jintesya_dendou_sakamichibaby_omutsu_hahabusy_syufu_woman

働く女性、産後のママさん、お子さんがいらっしゃるママさん、頑張っています。

いや、頑張らないといけない状況になっています。

 

特に5月の連休は、大変でしたよね。

子供を連れて里帰り、子供を連れての旅行。

ママさんはいつも以上に頑張ります。

 

で、連休明けです。

この時期、どっと疲れが出る方が多いです。

身体の疲れにプラスして、

ストレスから、身体も疲れます。

 

ストレスからって言いますが、気持ちが大きく影響します。

 

息が吸いにくい方はいませんか?

無意識に息を止めていませんか?

 

育児につかれる

ikuji_noiroze

家事につかれる

 

ママ友との関係につかれる

caste_mama

親子の関係につかれる

 

旦那さんとの関係につかれる

babycar_attack

 

疲れて当たり前です。

 

疲れるほど頑張っているんです。

女性はえらい!!

 

産後、四月から仕事に復帰された方は、多いと思いますが、

この時期一番大変ではないでしょうか?

 

息抜きできない

疲れが取れない

イライラする

夜眠れない

 

自律神経のバランスが乱れてるかもしれません。

身体の歪みが自律神経バランスの原因になる方もいます。

 

産後に骨盤矯正や体型の調整を行っていない方

ぜひ、この機会に行ってみてください。

 

当院は産後の骨盤矯正は何カ月経っていようと

何年たっていようと対応しています。

骨盤を合わせることが

施術のスタートだからです。

 

骨盤を合わせてから、全身施術を行います。

 

身体の歪みが軽くなり、

気持ちも軽くなり、

自律神経のバランスが整い

気持ちと身体が安定

ストレス体質が解消

ストレス自体が良いストレスに

 

お気軽に相談してください

06-6886-8718

LINE@やっています
友だち追加数

自律神経の乱れは冷えから?

新大阪 女性による女性のための整骨院

二代目チエ整骨院院長 チエ先生です。

 

皆さん、「ひえとり」ってご存知ですか?

または、今現在、ひえとり活動している!という方、

もしくは、以前していた・・・ひえとり挫折(^^;)という方。

 

私は、「ひえとり挫折組」です。

本も買い、実践してきましたが、なかなか難しかったです。

 

患者さんの中にも、完璧に実践されている方が何人かいました。

服の素材にもこだわり、肌が触れるところは絹(シルク)か、もしくは綿。

靴下は4枚履き、ズボンも2~3枚履き。

 

いろいろ買いましたが、シルクは破ける。

カラダの悪い部分があるとそこが破けると聞きました。

 

結局、靴下2枚履きしかできていません。(一応1枚目は綿かシルク)

 

この前、暖かくなってきたしと油断し、1枚履きしました。

てきめんでした。お腹が痛くなり、お腹を触ると冷たい。

手足の冷たさも感じ、首から上がぼーっとする。

頭が重だるい。

 

慌てて靴下をもう一枚履き、足首も暖めました。

水分も取りしばし安静に。

 

少しすると回復してきました!

 

暖かくなると、靴下を履かず、足元を冷やしますが、

冷やし過ぎには要注意です!!

 

 

下半身と上半身の服の枚数が同じか、下半身の方を1枚多めにするのが理想です。

 

皆さんも何となくだるい、頭がボーっとする時にはお試しください。

06-6886-8718

LINE@やってます(^▽^)/

友だち追加数

 

2017年5月10日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : megチエ

女性は大変!?

新大阪 二代目チエ 恵み整骨院 院長チエ先生です!

私に院長が変わってから、特に女性のお客様方が増えました( ´▽`)ノ

ありがとうございます♪

なんだかうれしいです(^-^)

 

自律神経を整え、免疫力UP、ストレス体質解消希望の方は、病気ではありません。

その為、「患者さん」ではなく「お客様」とお呼びしています。

 

「自律神経の乱れ」って病気ですか?

「免疫力が落ちると良くならないですか?」

ストレス体質なんてストレスの元を変えないとダメでしょ!」

woman10

などよく質問されます。

・自律神経の乱れ

・免疫力低下

・ストレス受ける

誰にでも起こっていることです!

 

なのに、結構元気な方っていらっしゃいますよね!

ストレスも同じように受けているのに、気にならない人。

 

逆に、人よりストレスを受けやすい(感じやすい)人。

ストレスが免疫力の低下を引き起こし、

また自律神経のバランスも乱れ、

負の連鎖(ループ)が起こります。

 

お子さんでも、年配の方でも、男性でも、女性でも

関係ありません。

みなさんストレスを抱えています。

ストレスを受けやすい

ストレス体質

になる可能性はみんなにあります。

 

当院は、特に

お子さん、女性の方を応援しています!

女性って大変です。

働く女性は、男性以上にストレスを感じていると思います。

いろいろなことに「見えない制限」があります。

「見えない期限」もあります。

 

いろいろと考えることもあります。

 

お子さんをお持ちのママさんもそうです。

自分のことなど構っていられません。

自分のこと以上に気にしなければならないことがたくさんあります。

 

働くママさんもそうです。

旦那さんのフォローはもちろんありがたいです。

時間が足りない。自分に使う時間は全くない。

 

女性の皆さん、

「もうひとり自分がいたら・・・」と思うことはないでしょうか?

もうそれこそ、「ストレス体質予備軍」です。

 

息抜きする時間がない。

カラダが重い。

頭が重い。

イライラする。

 

そんな気持ちになっていませんか?

 

当院では、自律神経整え、免疫力UPしストレス体質解消しています。

施術はもちろんですが、

お話しながら、

悪ストレス体質⇒良ストレス体質に変えるアドバイスも行っています( ´▽`)ノ

 

良くなる変化を楽しみましょう♪

悩む前に相談してくださいね。

06-686-8718

起立性調節障害だったんだ・・・

新大阪 恵み整骨院・整体院の二代目院長 ちえ先生です。

 

最近、「起立性調節障害」と言う言葉を聞きますが、

皆さんご存知ですか?

 

私自身、自律神経調節の施術をしていますが、

あまり詳しくは知りませんでした。

施術家として恥ずかしいことです。

 

ですが、当院に来られている方で悩まれている方がいました。

その方にお聞きしたり、勉強するにしたがって、

なんと、自分もそうだったのだということに気づきました。

 

小さいころから、保健室通いでした。

全校朝礼では必ず倒れる。

運動会の練習でも倒れる。

立ちくらみがする。

お風呂でも倒れる。

熱が出た時も倒れる。

乗り物に酔う。

朝起きれずにいつも遅刻。

朝は大嫌い、夕方からが大好きでした。

 

上記にあげた、こんな状態でした。

あまりにひどいので、貧血検査を受け、

やや貧血気味だと言われました。

 

鉄剤を飲んでもあまり改善されず、

アトピー性皮膚炎にもなり、

アレルギー性鼻炎にもなり、

薬を飲んでも変わらず、

漢方を飲みました。

 

結局病院では、

「自律神経失調症ぎみです。朝起きて、体操してください。」

と言われました。

 

なるべく運動するように、外で遊び、習い事も身体を動かすことを勧められました。

今、考えれば、とてもつらい小学生時代でした。

両親のおかげか、私自身はつらいという自覚は全くありませんでした。

今思えばです。

 

ですから、今、「起立性調節障害」で悩んでいるお子さん、

そんなお子さんをお持ちの親御さん。

薬に頼らず、良い状態へお子さんを導いてあげませんか?

 

お子さん自身が一番つらいです。

私自身も何で?と感じていました。

なぜ、自分だけこんな状態になるのか、不安でした。

 

親御さんもそうだと思います。

 

身体の状態と自律神経の調整は関連しています。

当院は薬を使わず、カラダ自身が良い状態へ変わろうとする力を引き出します。

成長期には身体のバランス、心のバランスがとても大切です。

 

ぜひ、ご来院下さい。

 06-6886-8718

ご相談もお気軽に!

 

 

ストレス体質だと気づきました

新大阪 恵み整骨院・整体院のちえ先生です。

今回症例報告は、昼休みの時間に来院されているKさんです。

 

女性ばかりの職場で、休み時間まで常に一緒だそうです。

 

どこが痛い、どこが悪いという事ではなく、

症状は「全身がしんどい、重い、だるい」でした。

はじめは、痛みや動きに対しての施術をしていましたが、

3回目ごろから、

「Kさん、ストレス体質ではありませんか?ストレス解放の施術を受けてみませんか?」

とこちらから提案してみました。

 

最初は、

「ストレス体質って?」

と不思議がっていました。

 

ストレス解放の施術を行っていると、やはり、首肩が過緊張状態。

そして、頭が重い。

それらを軽くし、全身の歪みも軽くする施術を行いました。

特に集中して、首肩を施術していると、

Kさんが涙・・・

その後すすり泣きを・・・

「すみません、なんだかこみあげてきてしまって」

「大丈夫ですよ、気にしないで、そのままで良いですよ。

Kさんは、頑張っているんです。自分で追い込まないで。」

「あー、私って、頑張っていたんですね。」

「そうですよ。ここに来ている時は、リラックスしてください。」

 

そのあと施術後、少し休憩をしていただきました。

施術後のKさんは、すごく表情が明るくなり、目にも力が湧いていました。

「また、1日頑張れそうです!ありがとうございました。」

こちらもうれしくなりました。

 

女性ばかりの職場では、色々と女性ならではのストレスを感じていたそうです。

 

ストレスを受けても、それに対応できることが出来れば、

ストレス体になりにくくなります。

 

ストレスを受けにくい身体になりましょう!

自律神経失調と軽いパニック障害で断薬後半年での不調 Fさん

新大阪「恵み整骨院・整体院」のチエ先生です。

症例紹介です。40歳代 フカイシ様

fukaishi

1年半の投薬治療後、断薬されて半年。

首、肩の痛みと就寝時の動悸、不眠が続き再発の兆候におびえていました。

他の整体院に行きましたが、

次の日からの揉み返しがひどく症状が悪化したとの事です。

 

薬に頼らずなんとか改善できないかと、当院に来られました。

身体の調整と自律神経の調整を同時に行いました。

歪んでいない人はいない

新大阪 恵み整骨院・整体院のチエ先生です。

body_karada_yugami

ご自身の身体の歪み、バランスが「悪いなぁ」と思っている人が多いと思います。

「私、歪んでいないので!」と言い切れる方にお会いしたことがありません。

確かに、自覚がない方はおられます。

 

まず、両手利きでないかぎり、「歪まない」は無理なんではないでしょうか?

と、感じています。

 

なので、「歪まない!」に頑張るのことも大切ですが、

「歪んでも元に(良い状態に)戻る」身体を手に入れた方が、早いのではないでしょうか?

 

柔軟な筋肉、緊張しすぎていない筋肉・・・つまり身体の筋肉を「ゆるめる・リラックス状態」が

日常生活でなく、緊張状態のままだと、凝り固まった筋肉になり、歪みに対応できない身体への道を進んでいきます。

本来、身体はバランスをとっています。(内臓も)

 

ご自身でも「ゆるめる・リラックス」できる方は良いのですが、

本来の身体の歪みを自身で変えることは、難しいです。

 

そういう方は、整体院でも、「歪みを軽くする専門院」で施術を受けていただくと効果的です。

 

当院でも、歪みを軽くする「脱力整体」を行っています。

歪みが軽くなっていくと、今度は自身で「脱力トレ」を行ってもらいます。

歪みが軽くなると、慢性的な痛み・症状から解放される方が多いです。

自律神経にも影響を与えるので、ストレスを感じなくなった方もいます。

※個人的な効果・感想になります。すべての方に同じ効果が出るとは限りません。

 

歪みを軽くするには、何回かでは変わりません。

3カ月~半年など定期的に継続して施術を受けていただく事になります。

早い変化には、身体だけでなく、頭(脳)が受けつけません。ゆっくりとした変化しか

認識・対応しません。

認識・対応ができることで、無意識でも歪みのない身体に(良い状態)になります。

 

頑張らなくても良いです。毎日少しづつ変わっていくことを楽しみながら、

施術を受けてください。

それが、近道です。

 

何でもご相談ください!

 

脱力できますか?(力を込めていませんか?)

不調に悩むあなたの味方 「恵み整骨院・整体院」です。

 脱力って何?

 脱力レッスンって何するの?

 脱力トレって何?

なんだか分かりずらいですよね。

「脱力レッスン」は今年から始めたメニューです。

きっかけは、施術中の出来事です。

 

当院の施術は、筋肉の反応を見ながら行う方法です。

無意識の状態に働きかける方法です。

その為、 『意識すると本来の筋肉の反応がみれない!! ということで、皆さんには、

「力を抜いて、楽にしてくださいね」 と、声掛けをしています。

「はい、分かりました!」 とみなさん答えます(o^―^o)

ですが、半数以上の方は、力が入っている状態です。

「力入ってますよ~。力抜いてくださいね。」 という事になります。

「え、力抜いているんだけどなぁ?」

「ん、力抜くってどうしたらいいの?」 と、悩む方が続出します。

もちろん、施術に緊張していて、力が抜けないという事はあるかもしれませんが、

何回も来院されている方にも起こります。

また、状態が悪い方ほど「力が抜けない」が起こりやすいです。

 

身体が緊張状態だと、自律神経で言うなら、交感神経優位状態です。

308148

つまり、「めっちゃ、頑張るぞー!」の状態。戦う気満々です。

ご自身が自覚なくても、無意識にそうなっていることが多いです。

こんな方は「ストレス体質」の可能性があります。

まじめな方が多いのも確かです。

責任感が強いというか。

ため息をつくことも多いでしょう。

なんで私ばっかり・・・。って思うことが多いのでは。

リラックスが出来ない。

 

リラックス状態は、自律神経で言うなら、副交感神経優位状態です。

policy-img011

つまり、「のんびり、ゆったり、気持ち良い、眠たくなる~」の状態。

身体と気持ちを休めることになります。ゆるまっている状態。

それこそ、「脱力(力を抜く=力まない)」です。

 

意識してできる方は、 交感神経と副交感神経のバランスが良い状態です。

身体の状態、気持ちの切り替えも上手なのでは?

ですが、意識してできる方は、本当に少ない。

どうしたら良いか分からない。

そんな皆さんに脱力アドバイザーとして「脱力レッスン」やっています。

 

身体が歪んでいる方も脱力しにくいです。

まず、歪みを軽くしていくことも大切です。

 

歪みを軽くする「脱力整体」も行っていますが、

最初の1カ月は週1~2回、

つぎの2カ月間は月に2~3回を続けていただく事になります。

3か月間継続することで、身体の状態も気持ちの切り替えもできるように!

 

で、その合間にご自身でセルフメンテナンスできるように

「脱力レッスン」をアドバイスしています。

皆さん、身体をフニャフニャできますか?

だら~んと力を抜けますか?

できない方はぜひ、歪み+脱力トレ(脱力整体+脱力レッスン)をしませんか?

 

質問もお気軽に!

身体のメンテナンスって何ですか?

新大阪駅徒歩3分 不調に悩むあなたの味方「恵み整骨院・整体院」です。

 「メンテナンス」って何ですか?

と、よく聞かれます。

機械や車のメンテナンスっていうのはなんとなくわかっているけど、身体のメンテナンスって何?

と、思う方も多いと思います。

当院の「メンテナンスとは?」の考えですが、

 「痛みや症状が出る前に来院し、

 ご自身が気づいていない身体のアンバランスさを整える」です。

 

痛みが出る前に必ず、身体からの合図(サイン)が出ています。

※事故や急なケガの場合は別です。

急なケガの場合でも、アンバランスさが原因の1つになっている場合もあります。

 

当院が患者さんに伝えていることは、

「痛みの出る前に、何か違和感はありませんでしたか?その違和感を感じた時こそ、身体からの合図です!」

メンテナンスで通っている方に確認すると、2週間ぐらいすると、

「なんとなく違和感が・・・。そろそろ行っておこうかな?」

と思うそうです。それが忙しかったりして、日にちが過ぎていき3週間、1カ月が過ぎると、

「痛い、しんどい、だるい、疲れが取れない」

に変わってきます。

そのため、メンテナンスの方には、10日~2週間、の間隔で予約を入れていただきます。

 

・忙しくてそんなに通えない。

・いつも同じ部分が痛い。

・施術後しばらくすると同じ症状が出る。

こういう方は、整骨院でのメンテナンスだけでなく、ご自分で行う、

 セルフメンテナンス

を生活習慣に組み込んでもらうと、より効果的です。

当院では、セルフメンテナンスをアドバイスしています。

きちんと覚えたい、変えていきたい方には

足裏バランス・足ゆび・姿勢レッスン

〇脱力レッスン

をおススメしています。

 

レッスンで、腰痛改善した方もいます(^▽^)/

たかがレッスン、されどレッスンです。

身体のこと、特に足のこと、足裏、足ゆび、バランスに興味がある方もどうぞ。

お気軽に質問してください!

 

2016年11月2日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : megチエ

来院2回目 緊張からのプレッシャー ストレス

新大阪駅徒歩3分 恵み整骨院・整体院です。

紹介で来院された智子さん。

とても緊張しやすく、手が震えて仕事ができないと悩んでおられました。

自律神経の乱れ☑リストを受けていただきました。

☑が4つ以上は乱れているかも・・・なのですが、ほぼ☑が入る状態。

「日々のストレスを感じています!」と実感されていました。

とても丁寧な方で、常に周りの人に気を配っているのが、分かりました。

そのことを伝えるととてもビックリされていました。

「周りの人のことがいつも、気になりませんか?周りの人が気分良くしているかを気にしていますよね?」

「えっ、何で分かるんですか?そうなんです、周りが気になって・・・。

私が何か気に障ることをしてないかと。」

 

同じストレスでも、受ける人によって感じ方が違います。

受け取り方も変わっていけるようにアドバイスしています。

dsc_0329